DESIGN TOKYOのブースデザイン実績 | 展示会ブースデザイン・装飾 SUPER PENGUIN INC.

プレゼンスペースと商品展示を兼ねること

EXHIBITION|住宅ビル施設WEEK
SIZE|9.0m×6.0m×H3.6
DATE|2018.12

住宅ビル施設WEEKTOPPANブースデザイン住宅ビル施設WEEKTOPPANブースデザイン
住宅ビル施設WEEKTOPPANブースデザイン住宅ビル施設WEEKTOPPANブースデザイン

住宅ビル施設WEEK | TOPPAN

プレゼンスペースと商品展示を兼ねる

 
2018年12月に開催された住宅・ビル・施設WEEKにて凸版印刷様のブースを担当させていただきました。今回の凸版さんは住宅の今後のIoT化を見据えてIoT建材をメインに出展されています。フローリングの下にセンサーを仕込んで、位置検知ができる「センシングフロア」や一見木目調の壁面に文字が浮かび上がる「インフォウォール」、床にある点検口のようなものが実は体重計でスマホと連動できる「ステルスヘルスメーター」。そんなIoT建材を今回凸版さんは発表されました。
 

4小間以上の展示会ブースでは
「集中して滞留する場所」をブース中心部に設けること

 
今回のブースサイズは6小間。このようなサイズで集客を実現させるためには、まず、ブース正面中央付近に、「来場者が滞留する場所」を作るようにすると効果的です。「溜まり」を作ると個々の来場者のブース滞留時間が延び、人混みになりやすくなります。その人混みが他の来場者を呼ぶのです。
 

展示会でのプレゼンスペースは、
「プレゼンしていない時間」をどう作るかが大切

 
今回の場合、ブース中央正面には、新商品であるIoT建材を設置し、ついでにその場所をステージとしてブース正面にいる方々に説明できる場所としました。ブースにプレゼンスペースを持たせる場合、「プレゼンを行っていない時間」が無駄な場所にならないような配慮が必要なのですが、今回はこのIoT建材の展示場所を兼ねることでその課題をクリアしています
 

展示会ブースはデザイン以上に集客などの「結果」が大切

 
展示会のブースや店舗のデザインは、いわゆる「デザイン」以上にデザインした先の「結果」が大切になってきます。

住宅ビル施設WEEKTOPPANブースデザイン住宅ビル施設WEEKTOPPANブースデザイン
住宅ビル施設WEEKTOPPANブースデザイン住宅ビル施設WEEKTOPPANブースデザイン
住宅ビル施設WEEKTOPPANブースデザイン住宅ビル施設WEEKTOPPANブースデザイン
住宅ビル施設WEEKTOPPANブースデザイン住宅ビル施設WEEKTOPPANブースデザイン